『亜人』ネタバレ・感想:17話 ダブルチーム「バカ!出せ!」



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?


 

『亜人』ネタバレ・感想:17話 ダブルチーム





第4巻

FILE:17 ダブルチーム

林の中で、「腹が減った」としつこくいう攻に、永井圭は握り飯を食わせていた。

この田舎を「ようやく手に入れたセーフゾーン」だと自慢しつつ、これまでの経緯を簡単に説明しながら。

そして、佐藤たちと戦おうとしている攻にも静かに暮らすことをすすめる。

が、突然、攻は目眩に襲われる。

永井圭が与えた握り飯に毒キノコの「イボテングダケ」が入っていたのだ。

中野攻は機転を利かせて崖の方へ駆け出す。

攻が「リセット」しようとしていることに気付いた永井圭は後を追う。

が、崖からダイブして一度死に、リセットに成功する。

「永井、待て!!もう一度話し合おう!」

攻の呼びかけも無視して上から飛びかかってくる永井圭。

こんどは脳震盪による「無力化」を狙ってきた。

しかしこの攻撃も頭をかばうことで回避し、崖の下の川に転落する中野攻。

さらに今度は顎を狙って木の枝を振り回す永井に、チョークスリーパーで失神させようとする中野攻。

永井は、後ろから首を極められてしまう。

だが、冷静に手に持った枝を二つ折りにし、攻の腕に突き立てる。が、それでも腕が離れずさらに首を締めてくるため、永井は自分の首に枝を突き立て、出血死することでリセット、生き返ってさらに枝を攻の両腿に突き立て、痛みにひるんだところを顔を水に付けて失神させる。――

失神した攻に意識が戻ったところ、それは縦になって廃墟と化したトラックのコンテナの中だった。

天井になった開閉扉の上に永井の姿が見える。

「ここは?」

「投棄されたトラックの中だ」

「これでもサービスしてる方だ」

「本当に何もしないのか? 佐藤は大勢殺すぞ」

「じゃあなんで日本なんかにいる?」

「は?」

「いつだって世界のどこかで戦争や貧困で理不尽に人は死んでる

 なんで彼らを助けようとしないんだ

 そう、日本のどこかで他人がどうなろうと、僕も知ったこっちゃない」

「じゃあ何であの時研究員を助けた」

「それについては僕もずっと考えてた。かつ、一つの答えに帰結した

 利用価値の有無。かれは亜人の理解者だった。それでいて、政府側に属しているというのはポイントが高い

 1〜2回死んで助ける価値はあるよ

 ほかに質問は?」

「バカ!出せ!」

扉を閉じる永井圭。


その時、例の消防士は廃ビルの地下でドラム缶の中に入れられていた。――

中野攻がトラックの壁を蹴りながら叫ぶ。

「何なんだアイツ!」

「何なんだアイツ!!」

廃ビルの一室。

奥山がパソコンをいじっている。どうやら、「分身」を利用して他人の家の回線を利用し,佐藤の動画をアップロードしたようだ。

奥山が、その動画を再生させると、画面の佐藤が話しはじめる。

「やあ、また会ったね。亜人の佐藤だ

 今日話すのは楽しい話しじゃない

 切迫

 我々は追いつめられたのだ。だからこう決断せざるを得なかった

 我々は武力によって、住み良い国づくりをスタートする

 第1ウエーブは水曜

 まだ参戦を迷っている亜人もいるだろう

 君達のためにも我々はその日圧倒的なATP(戦闘力)を披露しよう

 無関係と思っている人間達、いよいよ始まるぞ

 衝戟にそなえろ」

『亜人』4巻を無料で立ち読みする
『亜人』4巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集