『亜人』ネタバレ・感想:5巻 20話 サッカーパンチ



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・感想:5巻 20話 サッカーパンチ





第5巻

FILE:20 サッカーパンチ

旅客機です。

旅客機が墜落したようです。

現場では必死の消火活動が続いています。

はたして、亜人・佐藤の犯行予告と関連はあるのでしょうか。

テレビニュースに釘付けになる、コンテナの中野攻と、田舎に潜伏する永井圭。


厚生労働省の会議室では亜人管理委員会や警察などの人々が現場の様子を巨大なモニターで眺めている。

飛行機墜落現場。

ポケットに手を突っ込み、満足そうな笑みを浮べた佐藤が空を仰いでいる。

そこへ遠隔操作のラジコンヘリが細長いケースをぶらさげて飛んでくる。

そのケースを受け取り、中からライフルを取り出す佐藤。

「ありがとう奥山君

 敵も容易に逃がしてはくれないだろう」

厚生労働省では警察の幹部が対亜の出動を求めたが、存在が違法な部隊をこんな公の場ではつかえないと言って自衛隊の幹部が拒否する。


墜落現場。

佐藤がイヤホンに内蔵されたカメラで現場の様子を撮影しながら動画の視聴者に向けて語りかける。

「さあ、みんな

 建物一つ壊しただけで「勝った」などと思ってないな

 この国最強の部隊とは?

 自衛隊かな? 違う

 一度も実戦経験のない奴らなど論外甚だしい

 となると、そう

 警視庁 特殊吸収部隊(SAT)

 刑事部だけで対処できないテロや凶悪事件発生時

 交渉より制圧を優先し展開する

 実動経験のある精鋭たちだ

 極論。

 彼らに勝てば私たちは「最強の軍隊」といえる

 国民に問う

 この戦闘で判断せよ

 我々と人間、どちらの側につくべきか」

そんな余裕の佐藤に対し、さっそくSATが攻撃を仕掛ける。

どうやら、SATは戸崎らに指示を受けているようで、ひたすら佐藤を「殺し続ける」作戦に出るようだ。

まず、佐藤の眉間を打抜く。

そして、佐藤が行き交える前に至近距離からこめかみを打抜く。

佐藤「戦略を変えたなトザキ君…」

曽我部「帽子が動けない…こんなにも簡単に…」

戸崎「当然だ

 IBM対策と射撃の技術があっての作戦だが

 SAT隊員50名、警備員相手とはワケが違う

 奴は人間をナメすぎた」


そのころ、永井圭はかりんとうを食べながらテレビ中継を見ていた。

21話「バトルフィールド:バッドカンパニー」へ

『亜人』5巻を無料で立ち読みする
『亜人』5巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集