『亜人』ネタバレ・感想:5巻 21話 バトルフィールド:バッドカンパニー



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・感想:5巻 21話 バトルフィールド:バッドカンパニー





第5巻

FILE:21 バトルフィールド:バッドカンパニー

佐藤を担架で運びながら、かわるがわる佐藤の頭を射撃して殺し続けるSAT隊員たち。

しかし、そのうちのの一人が射撃しようとしたところ、どこかから頭を狙撃されてしまう。

狙撃に備えるSAT。


狙撃したのは、付近のビルの屋上に待機していた亜人のゲンと高橋だった。

佐藤は、SATが狙撃に備えて楯を構えているうちに生き返るが、手かせがはめられているため起き上がれない。

それを見て亜人の狙撃手は機転を利かせて佐藤の手首を撃ち、手を吹っ飛ばすことに成功するが、SAT隊員により再び頭を打ちぬかれる佐藤。

「こいつだけは復活させるな!!」

「狙撃手はなんとかならないのか!?」

そこで今度はSATの狙撃手が亜人の狙撃手の頭を打ちぬく。

「こちら狙撃01、標的を亜人と確認」

そして、狙撃02と狙撃03とともにこちらの亜人2人も殺し続けることに。

しかし、もう一方の亜人は両手を上げ、無抵抗の意志を示しているので殺さないことにする。


だが、両手を上げた亜人は、SAT側の狙撃犯の居場所を無線で伝えてしまう。

「SATのスナイパーが3箇所

 北と南の屋上。あと水野ビル11階」


SATの狙撃01班。

狙撃手の一人が、隣りのビルの窓に小さな穴が開いたのに気付く。

はじめ狙撃された銃弾の痕だと思ったが、それが徐々に窓に爪を立てて上ってくる田中のIBMだということが判明する。

「本当に…実在するのか!?」

しかし気付いたのが遅く、その窓からIBMが襲いかかってくるIBMに二人ともやられてしまう。


「どうした01!!」

「01がやられた。なんだあれは」

「IBM …!?」

「あれがIBMだ!!」

「準備しろ!!」

「来るぞォ!!」


狙撃02班。

ビルの窓をぶち破ってやってくる田中のIBMに一人がすぐに組み伏せられてしまう。

が、もう一人の狙撃手が発煙筒を防火装置に近づけ、スプリンクラーを作動させるとIBMの動きが止まる。

「止まった 止まったぞ!!」

しかし、隊員の背後のドアが開いて、田中が現われSAT隊員2人を打ち殺す。

田中「もう一箇所」


亜人の狙撃手は、SATの狙撃班が狙撃できないでいるうちに復活していた。

起き上がってコカインをキメ、完全復活した亜人の狙撃手。




それを見届けたSATの狙撃03班は、亜人の狙撃手のライフルを狙い、狙撃自体を無力化しようとしてライフルに狙いを定める。

一方、亜人の狙撃手は、佐藤を乗せた担架を運んでいる手前のSAT隊員の足に狙いを定める。

そして、その二人が同時に狙撃し、どちらも命中する。

が、それと同時にやってきたIBMにSATの狙撃03の二人は殺されてしまう。


佐藤を運んでいた担架の持ち手が足を撃たれ、佐藤に覆いかぶさっているうちに佐藤は復活する。

「おはよう」

「くたばれっ」

SAT隊員が佐藤のかお目掛けて至近距離から数発を発射。

だが、弾が顔の手前で数センチのところで止まっており、佐藤に届いていない。

佐藤はその短時間のうちに、仰向けになっている自分の真上にIBMを寝かせていたのだった。

そして佐藤の反撃が始まる。

まず、目の前の隊員を射殺。

それから次々にSATを射殺して、どんどん隊員の群の中に入って行く。

SAT側では、仲間を誤射するのを恐れて佐藤を撃つことができない。

躊躇っているうちに佐藤は次々に射殺して行く。


遠くでその様子を砂ぼこり越しに眺めている警官たち。

その砂ぼこりの中から男が1人出てくる。

佐藤だ。

警官たちは呆気に取られて何もできない。

佐藤「いやー、疲れたね!」

いいながら佐藤は遠ざかる。


空ではマスコミのヘリコプターが佐藤を追跡しようとしていた。

しかし、そこへ奥山が操縦するラジコンヘリが接近し、マスコミのヘリのプロペラに接触。

マスコミを乗せたヘリはバランスを失って、ビルに激突。


亜人研究所でその一部始終を見ていた戸崎らは一同唖然としている。

戸崎「ダメか」

22話「亜人①」へ

『亜人』5巻を無料で立ち読みする
『亜人』5巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集