『亜人』ネタバレ・感想:5巻 24話 Come with Me!!



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・感想:5巻 24話 Come with Me!!





第5巻

FILE:24  Come with Me!!

回想ーー

戸崎の婚約者が部屋で煙草を吸っている戸崎に話しかける。

「優…

 優さぁ

 タバコやめないの?」

「また言う…」

「だって

 あなたと少しでも長く一緒にいたいもん」




車内ーー

助手席の永井圭と運転する中野攻。

永井に中野が話しかけるが今後どのように戸崎に接近したらいいものか考えている永井は中野をうっとおしそうにする。

と、そこであろう事か検問に引っかかってしまう。


厚生労働省ーー

省内のテレビで早速佐藤らの犠牲者が2人出た旨を告げている。

佐藤の掲げたリストに名前が乗る戸崎はひとごとではないが、リストの上から2人が殺され、自分はリストの下から二番目なので、まだ危機意識がそれほどない。


大臣室ーー

戸崎が大臣にグラント製薬事件と今回の暗殺事件の詳細を報告している。

「法の内で助言するのはもう限界です」

「私も分かっている…

 だが、なかなか警察との深い繋がりを持てないのが現状だ……

 しかしだ

 私はこう考えた

 奴らは亜人と言えど幾人かの人間にすぎないじゃないか

 国家と渡り合うポテンシャルなど到底あるわけがない」

「あまく見ては」

「もちろんこれからも大勢が死ぬ、それは確かだ

 だがどこかで止まる

 君が殺される前か後か、私は知らんがね」





会議室ーー

佐藤対策について亜人研究所のメンバーや警視庁の幹部らと話し合っている戸崎。

そこに研究所の重鎮である岸の姿がないことに警視庁のトップが気づく。

研究員によると、佐藤の暗殺リストに載っているため、奥さんとともに身を隠したとのことだ。

戸崎はお前もリストに載っているのによく涼しい顔をしていると言われるが、自分はリストの下から二番目だからまだ時間があるのだと言い放つ。

が、そこへ後輩の曽我部が会議室にやってきて、告げる。

「岸先生が

 暗殺されました 」


一同驚く。

特に戸崎の驚きは一番大きかった。

なぜなら、岸はリストの一番最後に載っていたからだ。

戸崎「順番じゃないのか」

青ざめる戸崎。


廊下で物思いにふける戸崎。

そこにへ、試用の携帯電話の着信音が鳴る。









桜総合病院ーー

永井圭と中野攻の乗っていた車が入り口に激突している。

二人は既に警察の車両を振り切り、この戸崎の婚約者が入院している病院のなかへ逃げ込んでいるようで、警察が病院の周りに集まっている。

そこへ戸崎らが到着し、警察に外で待機するように命じ、病棟へと入って行く。


院内ーー

戸崎の婚約者の病室へ急ぐ永井圭と中野攻。

廊下をかけながら、永井圭は自分が交渉するから中野はどこかに隠れていろと命令する。


戸崎は、亜人の下村をつれて裏口から中へ入る。


戸崎の婚約者の病室ーー

婚約者の眠るベッドを挟んで永井圭お戸崎が対峙している。

周りは麻酔銃を構えた戸崎の部下が囲んでいる。

永井「戸崎さん

 あなたの顔なんて二度と見たくありませんでしたよ」

戸崎「残念だが我々は毎日顔を合わせることになる

 ガラス越しでな」


永井「話があります

 物騒なことはやめましょうよ」

戸崎「なら外でしないか? いい天気だ」

永井「捕まえる気なら眠る前に幽霊を放ちます

 僕の幽霊は命令なしに暴走する

 僕の意識が落ちてもひと暴れしてくれるはずだ

 特に一番近いこの女性は… 」

戸崎「お前

 殺してやる 」

永井「ただじゃすまないだろうね」

と、そこでなぜか二人の間に天井裏から中野攻が落下してくる。


麻酔銃を構える一同。

一触即発の状態になる。

が、そこで永井圭が一気に話を畳み掛ける。

永井「ここまで話をこじらせたのは俺でもあんたでもない!

 僕らは同類だ!

 ココへはビジネスをしにきたッ!!」

戸崎「亜人など信じられるか!!」

中野「なあ

 おれは難しいことはよくわからない

 けど、これだけは言える

 俺たちは

 何が何でも佐藤を倒してみせる

 この女の人のためにも」

永井「アンタの駒になってやるよ

 不死身の兵士として 」




病院の外ーー

警察官が病院を遠巻きに取り囲んでいる。

そこへぞろぞろと戸崎らが出てくる。

「容疑者は捕獲した

あとはこっちでやる」

警官「ところで、本当に永井圭でしたか?」

「いや、別人だ。似てるだけのな」




病院を離れる車のなかーー

運転席に下村、助手席に戸崎、後部座席に永井圭と中野攻が乗っている。

6巻 25話へつづく

『亜人』5巻を無料で立ち読みする
『亜人』5巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集