『亜人』ネタバレ・画バレ:6巻 26話 Genius...!?



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・画バレ:6巻 26話 Genius...!?





第6巻

FILE:26 Genius...!?

喫煙所。

オグライクヤが煙草を吸っているところへやってきた永井圭は、自分のIBMが暴走する理由が納得いかないと問いつめる。

それに対してオグラは、IBMはあくまでも本人の分身であり、その人間の性格や性質が反映される、だからIBMを変えたければ自分自身が変わるしかないと言う。

永井「人は変わらない」


オグラ「まあな」




永井は戸崎に、中野攻と下村泉、平沢のいる部屋へ呼ばれる。

そこで戸崎は、佐藤のターゲット残り7人のうち、次に佐藤のターゲットとなりそうなフォージ安全の甲斐敬一と李奈緒美の2名に目星をつけ、彼らの本社であるビルで佐藤らを待ち伏せするプランを打ち明ける。

中野攻は女である下村泉をこんな作戦に参加させるわけにはいかないといはるが、下村本人から迷惑だと言われ口論になる。

そんななか、戸崎が永井圭の手元を見ると、紙一面にメモがとられており、びっしり作戦が書かれているのを見て驚く。


屋外。オグライクヤのレクチャーで、下村泉が2体IBMを出してその2体にあやとりをさせているが、2体同時に操るのは難しく、片一方のIBMの手元がぐちゃぐちゃになっている。

つまり、IBMは複数出せなくはないが、1体だけ出す方がコントロールしやすく有意義なのだ。


また、IBMを消滅させるためには、次の2つのいずれかの方法によらなければならないと言う。

1)ひたすら終息を待つ

2)IBMによる頭部への打撃で、他のIBMの粒子をぶつけて頭部を消滅させる



夜。

永井圭が林の中で木にメモを貼付け、考え事をしているところへ、平沢がやってくる。

平沢「おいおまえ、寂しいのか?」

永井「はぁ!?」


永井圭に語りかける平沢は、意外にも永井はその自分の冷たい性格を変える必要はないと言う。

中野攻のような人情も必要だが、それはおまえの仕事じゃない、と。

平沢「ココじゃあ倫理や勘定を断ち切る。圧倒的な決断が必ず必要になる。本当だ
おまえはそれができる。

信頼関係を気付くことももちろん役に立つが、それはおまえの仕事じゃない

お前はそれでいい。

俺らはプラン通りに動くだけだ」



別の日の夜。

永井のところにやってきた中野攻は自分もIBMを出したいからなにかイイ感じの死に方はないかと言う。

オグラには、IBMを出すためにはとにかく死にまくることだと言われたのだ。

永井は普通に首を吊るのが一番いいといい、木にロープをかけて踏み台をおく。

永井「これなら低コストでオートマチックに何度も死ねる」

中野「……」


だが中野攻はなかなか踏ん切れない。

中野「お前すげえな」

永井「いいから早く死ねよ」


27話へつづく

『亜人』6巻を無料で立ち読みする
『亜人』6巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集