『亜人』ネタバレ・画バレ:6巻28話 壁



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・画バレ:6巻 28話 壁





第6巻

FILE: 28 壁

刑務所のなか。

脱走に失敗した琴吹武が、独房から集団部屋に戻された。

琴吹は亜人で、佐藤による呼びかけに応じて厚生労働省前に行くために脱走したのだったが、佐藤の計画に乗り気になれず、二日後に自ら戻って来たのだ。


集団部屋に入ると、そこには永井圭に裏切られて捕まった海斗がいた。


琴吹は一度脱走に成功したことで、脱走したくてしようがない囚人から目をつけられ、ことあるごとに脱走の方法を吐くよう脅迫される。

しかしそれをはぐらかすし続け、その度に暴力を振るわれるのだが、いちいち海斗が間に入って琴吹を助ける。

が、琴吹はそういう馴れ合いや安易な友情のようなものが好きではないため、海斗をよくは思わず、そんなふうに助けても自分はお前の仲間ではないしこっちから助けることもないと突き放す。


ある夜の消灯後、いつもの連中がまた脱走方法をききにやってくるが琴吹は拒否し、布団に寝ている状態で腕を折られるなどの暴行を加えられる。

横で寝ている海斗は、はじめ音が聞こえているにもかかわらず手だすけをしない。


さらに動けない琴吹を馬乗りになって殴っていると、海斗がやはり割って入り、乱闘になるが、一人で3人を相手にしても勝ち目はない。

琴吹「ああ、コイツ、バカじゃねえ。超バカなんだ」


多勢に無勢でやられてしまった海斗の腕を折ろうとした三人を、琴吹はIBMを出してたすけてやる。


翌日。

外でしゃがんでいる海斗のもとに琴吹がやってくる。

琴吹は一緒に煙草を吸いながら永井圭のことについて色々尋ねる。

海斗は裏切られたにもかかわらず、幼なじみの永井圭のことを思っている。

海斗「もしあいつに何かあれば、必ず助けに行く」

琴吹「お前ウザいな」

海斗「あそう」

琴吹「海斗。もしもだ。

もしもこの先、永井圭に何かあって、
この糞みたいなところから出たい時には俺に言え。

一度だけこの壁を越えさせてやる」


琴吹の頭上に、大きな翼を持ったIBMが乗っている。


→29話へつづく

『亜人』6巻を無料で立ち読みする
『亜人』6巻を無料で立ち読みする




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集