『亜人』ネタバレ・画バレ:8巻 35話 The Man Trap



亜人 ネタバレ・感想
『亜人』1巻を全ページ無料で立ち読み
『亜人』1巻を
全ページ無料で立ち読み
■1巻:1話/2話/3話/4話/5話
■2巻:6話/7話/8話/9話/00話
■3巻:10話/11話/12話/13話/14話
■4巻:15話/16話/17話/18話/19話
■5巻:20話/21話/22話/22.5話/23話/24話

■6巻:25話/26話/27話/28話
■7巻:29話/30話/31話/32話/33話
■8巻:34話/35話/36話/37話/38話
■9巻:39話


トピックス
読んだことがない人へ解説
亜人と分身(IBM)の特徴
「亜人」9巻の発売日は?

亜人のアニメ化は?

亜人の実写化は?
 


 

『亜人』ネタバレ・画バレ:8巻 35話 The Man Trap





第8巻

FILE:35  The Man Trap

マスコミはいち早くフォージ安全ビルで佐藤ら亜人の捕獲を報じ、ビル前はマスコミだらけになっていた

1階には警察が駆けつけていたが、防犯シャッターが下りていて海上へ上がれず、警備会社の担当者が、捕獲した亜人は仮眠室で麻酔の専門家によって隔離、保護していて安全であることを強調し、だからその他の階では社員が通常通り業務を行っている旨を説明していた。



機械室。

社員が復旧に当たっているが、ダクトの上に永井圭と中野攻は隠れて待機している。

中野攻は作戦が成功して余裕だったと楽観しているが、永井は必ずこれから佐藤がくることを確信している。

永井「本番はこれからだ」


実際、亜人の奥田がセキュリティールームの監視カメラに永井圭の姿を確認した際、佐藤に連絡し、留守電に永井がいた旨を報告していた。

永井は今回の田中たちの襲撃に佐藤が参加していないことを不審に思い、佐藤がすでに飽きているのではないかと見抜いていて、そんな佐藤をおびき出そうとわざと監視カメラに映ったのだった。だが、具体的にどうやってビルを上がってくるかまでは永井にもわかっていなかった。

しかし、永井には確信があった。IBMの頭が工作して記憶が流入した時に感じた佐藤の不気味な精神状態から推して確実にやってくると。


そんな佐藤は奥田からの留守電を聞くと、やはり動き出していた。

近所の材木工場を捜し、鶏肉のパックに自分の切断した手を詰め込んで、バイク便を手配した。



フォージ安全ビルではとうとう電力が復旧し、警察や救急隊が階上へ上がりはじめた。

これからの作戦を聞く中野に永井はまた同じ作戦だと打ち明ける。

永井「注射器は150年形が変わらない。それがベストだからだ」



15階。

佐藤を待ち受けながら、平沢たち4名が覚悟を決めている。



材木工場。

片手が無い佐藤がやってくる。さっそく材木屋の社員を一人射殺する。

佐藤「ある「機械」を貸してくれないかな」



フォージビルの外。

バイク便が到着し、荷物の冷凍鶏肉は警察から警備会社のものに渡り、検査を経て10階にあげられる。



材木工場。

材木を5センチに砕く破砕機のまえに通された佐藤。電源をオンにする。



フォージビル10階。

社員が荷物を開けると、中に鶏肉に混じって佐藤のてくびが出てくる。



材木工場。

佐藤「転送だ」

制止を振り切り、破砕機に飛び込んでぐちゃぐちゃになる佐藤。



フォージビル10階。

社員の目の前で手首から佐藤の身体が復活する。


機械室。

嫌な予感に打たれる永井圭。


だってそれは……

普通の人間がやろうと思うような方法じゃない……


『亜人』8巻を無料で立ち読み
〜Win、MAC、各種スマホ・タブレット対応〜


36話へつづく




(C) 亜人 ネタバレ・感想大全集