切り裂きケニー・ケニーアッカーマンとは何者?リヴァイ、ミカサとの関係は?



 
進撃の巨人 ネタバレ

■1巻:1話/2話/3話/4話
■2巻:5話/6話

■14巻:55話/56話/57話/58話
■15巻:59話
/60話
■16巻:63話/64話
/65話/66話

キャラクター人気投票

【キャラクターデータ】
 エレン・イェーガー
 ミカサ・アッカーマン
 アルミン・アルレルト
 リヴァイ・アッカーマン兵士長
 エルヴィン・スミス
 ハンジ・ゾエ
 ライナー・ブラウン
 ベルトルト・フーバー
 アニ・レオンハート
 ジャン・キルシュタイン
 コニー・スプリンガー
 サシャ・ブラウス
 ヒストリア・レイス
 ケニー・アッカーマン


【トピックス】
リヴァイ兵長の過去について

ミカサとリヴァイの関係を考察
映画キャスト ミカサは?リヴァイは?
リヴァイの髪型・身長の秘密
ミカサがヤンデレなのか検証!
ミカサの名言はこちら

 


 

切り裂きケニー・ケニーアッカーマンとは何者?リヴァイ、ミカサとの関係は?







ケニー・アッカーマン(切り裂きケニー)

所属:第一憲兵団

 
◆  ◆  ◆

大量殺人鬼“切り裂きケニー”ことケニー・アッカーマン。

14巻で突如として登場!

・・・と、いうわけではなく、実はすでにヒストリアがクリスタ・レンズとなることになった日、ヒストリアの母親が黒ずくめの集団に囲まれた時に初めて出てきているのです。





そう、ヒストリアの母親をナイフで殺した人物こそ切り裂きケニーなのです。



この人物ですね。

56話では第一憲兵の隊長として登場し、またリヴァイのことを「俺の誇り」と語る人物。

 

そして“切り裂き”と言うのもも、リヴァイと一戦を交える時は銃で攻撃。

堂々の登場シーンもナイフや剣ではなく銃を持ってのものでした。

この銃は通常の銃ではなく、当たると人の顔も一瞬にして吹っ飛んでしまう威力を持っています。

憲兵団と敵対する者にとってはかなりの脅威ですね。

 

既出の情報が少ないため、中にはケニーとアッカーマン隊長が別々の人物と考えている人もいるようです。

「ケニーとアッカーマン隊長の関係とは?」「アッカーマンは憲兵隊長ですが、ケニーも憲兵の一兵士ですか?」などの声も聞くことがあります。

少しずつその質問に「ケニーとアッカーマン隊長は同一人物です」という回答が見られるようになりました。

その勘違いを生んでしまうほど謎の多い男、ケニー・アッカーマン。

 

果たしてケニーはリヴァイの育ての親なのか?

それよりももっと絆の薄い「ただ少し世話をした」だけの関係なのか??

そしてミカサとリヴァイ、ケニーの関係は一体何なのか!?

「ギャグが寒い」というところも注目したい部分です。

これから寒いギャグ、おやじギャグを連発するのでしょうか??


滑ってますw

 

リヴァイとかつての師弟関係であっても生死をかけた戦い。

巨人相手にいくつもの死闘を繰り広げてきたリヴァイ 対 人間相手の殺しのプロ、ケニー。

能力的にはケニー側に少し分があるかもしれませんが、リヴァイ兵長には仲間がいる分、勝利への秘策だ出てくるかもしれませんね。



■切り裂きケニーとリヴァイ兵長の関係について考察

それでは56話で明らかになった“アッカーマン”姓のリヴァイと、それを明らかにした男、ケニー・アッカーマンの関係についてもう少し詳しく見て行きたいと思います。

 

かねてよりファンの間ではリヴァイの苗字が“アッカーマン”なのではとの話が出ていました。

そして今回大きく登場した『切り裂きケニー』という伝説的な名前を持つケニー。

彼は都の大量殺人鬼として名前が知れ渡っており、憲兵100人以上を殺したとされています。

あまりに大きな数字と過去の話のため、都市伝説的存在として扱われてきたケニー。

 

作戦中、のちに死んでしまうニファにこのケニーと昔一緒に暮らしていたことを明かすリヴァイ。

ニファは冗談だと思ったようですが、この時のリヴァイは大真面目。

しかしこの作戦も失敗に終わりニファと他の団員を亡くすのです。

 

的確で冷静なリヴァイの作戦が失敗。

それもそのはず。

リヴァイに戦い方を教えたのがケニーだから・・・

ケニーにとってはリヴァイの作戦は想像に難くないものなのですね。

 

リヴァイも自分の思考はケニーと被ると実感しているので、リヴァイの強さをつくったのはケニーと言っても過言ではないかもしれません。

 

さて、ネットでは二人の関係がいくつも囁かれ「実子説」「養子説」「コードネーム説」などが出ています。

この養子説はさらに別の推測を生んでおり、「リヴァイは本当はレイス家の生まれ」という話にまで広がっているのです。

レイス家生まれのリヴァイの潜在能力を見込んで、ケニーがリヴァイを養子にしたというものです。

また、養子であれば長身のケニーとリヴァイの身長の低さの説明がつくとされています。

 

どれもありそうな話だと思いませんか?

次の巻あたりで真相が明かされない場合、もっとたくさんの考察が出てきそうですね。

最新刊が楽しみです。

【関連記事】
→ミカサ・アッカーマンとリヴァイ・アッカーマンの関係を考察




(C) 進撃の巨人 ネタバレ・感想