進撃の巨人 ネタバレ 感想・15巻 第59話 外道の魂



 
進撃の巨人 ネタバレ

■1巻:1話/2話/3話/4話
■2巻:5話/6話

■14巻:55話/56話/57話/58話
■15巻:59話
/60話
■16巻:63話/64話
/65話/66話

キャラクター人気投票

【キャラクターデータ】
 エレン・イェーガー
 ミカサ・アッカーマン
 アルミン・アルレルト
 リヴァイ・アッカーマン兵士長
 エルヴィン・スミス
 ハンジ・ゾエ
 ライナー・ブラウン
 ベルトルト・フーバー
 アニ・レオンハート
 ジャン・キルシュタイン
 コニー・スプリンガー
 サシャ・ブラウス
 ヒストリア・レイス
 ケニー・アッカーマン


【トピックス】
リヴァイ兵長の過去について

ミカサとリヴァイの関係を考察
映画キャスト ミカサは?リヴァイは?
リヴァイの髪型・身長の秘密
ミカサがヤンデレなのか検証!
ミカサの名言はこちら

 


 

進撃の巨人 ネタバレ 感想・15巻 第59話 外道の魂





第59話 外道の魂

酒場。

中央憲兵の死体を囲んで、憲兵のドーク師団長と記者が野次馬に囲まれて現場の処理や、今後の隠蔽工作について相談している。

しかし、新型立体機動装置や散弾銃の存在を知らなかったドーク師団長は、記者にこのことについては書かないように命令する。

と同時に、中央憲兵団が、自分たちにも知らせることなくこのような対人兵器を開発していたことに対して不信感を募らせる。




調査兵団が潜む馬小屋。

アルミンは、小屋の外の木陰で吐いていた。

先ほど市中で中央憲兵団に襲われた時、間一髪でジャンを助けるために憲兵を射殺したのはアルミンだったのだ。

はじめて人を殺してしまい、罪悪感に苛まれて嘔吐するアルミン。

そこへ、アルミン同様、はじめて人を殺したミカサが慰めに来る。


馬小屋の中。

アルミンもミカサも戻っており、たき火を囲んで食事をしている。

リヴァイ兵長が、落ちこんでいるアルミンに対していう。

「お前の手はもう汚れちまったんだ

 以前のお前には戻れねえよ」


「…! なぜそんなことを……」

リヴァイの冷酷な言葉に唖然とする一同。しかし、リヴァイはこう続ける。


「新しい自分を受け入れろ

 もし今もお前の手が綺麗なまんまだったらな

 今ここにジャンはいないだろ

 お前が引き金をすぐに引けたのは

 仲間が殺されそうになっていたからだ

 お前は聡い

 あの状況じゃ半端なことは出来ないとよく分かっていた

 あそこで物資や馬…仲間を失えば…その先に希望はないのだと理解していた

 アルミン

 お前が手を汚してくれたおかげで俺たちは助かった

 ありがとう」


この言葉で、ジャンやコニー、サシャらリヴァイに不満が爆発しそうだった面々のリヴァイに対する気持ちが大きく変化するのだった。





憲兵のヒッチとマルロは、リヴァイたちの消息を訪ねて散策していた。

ヒッチはアニが調査兵団にころされたものと勘違いしており、マルロは調査兵団が民間人を殺したということに対して不信感を持っているようだ。

そこで二人は、小川で水を汲んでいるアルミンに遭遇。

銃を向け、アルミンを捕まえようとする二人だったが、頭上から降りてきたミカサとリヴァイに逆に刀を向けられ、銃と装備一式を奪われてしまう。


リヴァイは、彼ら二人の装備を身につけたミカサとアルミンを中央憲兵の中へ紛れ込ませる作戦を実行しようとした。

しかし、ジャンは、この捕縛した二人の憲兵のうち、マルロのほうが調査兵団を信じており、正義感が人一倍強い「バカ」であることを見抜き、確信する。


ジャンは単独で二人を連れて林の中へ入っていき、わざと転んで隙を見せ、マルロを試す。

と、その結果やはりマルロは思ったとおりの正義漢で、調査兵団への協力を約束する。

「これならリヴァイ兵長も納得するはずだ

 俺たちに力を貸してくれ」



中央憲兵の本拠地付近。

リヴァイ「あそこが中央憲兵の根城で間違いないみたいだ…

 こんなにすぐたどり着けるとはな

 あの二人とジャン…

 お前のおかげだ

 行くぞ

 今度はこっちから仕掛ける」


60話へ続く……

 





(C) 進撃の巨人 ネタバレ・感想